妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶ

妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。なぜかと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

当たり前ですが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように注意してください。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。

一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、妊娠後期の妊婦には葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。

しかし、そんなことはありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が大切な期間という訳です。

なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に蓄積するということはありません。

しかし、葉酸の過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取する量には気を配ってください。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。葉酸の過剰摂取によって、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。

ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。

そうした場合、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。

めぐりの葉酸の口コミは本当?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です