ダイエットに悪い食べ物とは

ダイエットに悪い食べ物は、白米や精製された小麦粉で作られている白いパンやうどんやそうめんや冷や麦やラーメンなどの麺類、お肉の脂身やショートニングやマーガリンやサラダ油などの精製されているオイル、そして白砂糖や三温糖などの糖類などの食品です。白米や精製された小麦粉で作られている食品は、ほとんど炭水化物で出来ているのでダイエット中に食べるのは良くないです。

ダイエット中でも穀物を食べたい時は、玄米や小麦の全粒粉で出来ているパンや麺類、十割蕎麦やライ麦粉で作られているライ麦パンなどが良いです。そしてダイエット中にお肉を食べる時は、脂身の少ない牛や豚のヒレ肉や鶏の胸肉やささみなどが良いです。

油っぽいものが食べたい時は、くるみやアーモンドなどのナッツを食べると良いです。甘いものが食べたい時は、甘いフルーツやドライフルーツを食べるようにしたり、さつまいもやかぼちゃなどの甘みの強い野菜を食べると良いです。

レジーナクリニック 渋谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です